MOON WAVE PROJECT©

ムーン ウェーブ プロジェクト

月の遠近について

   

月の軌道は完全な円ではなく、楕円になっています。これによって月の軌道が近いポイントを通過するとき、近地点の状態になります。距離は約35万キロ遠いポイントを通過するとき、遠地点の状態になります。距離は約40万キロ地球からの距離の差は約5万キロになります。地球の周囲が約4万キロなので5万キロの差は大きいです。9月28日のスーパームーンは月の軌道が一番近い時の満月でした。10月13日の新月は月の軌道が一番遠い時の新月です。

この軌道は今月も続きます、そして、次第に近い上弦の月に軌道が変わり来年の1月頃、近地点上弦の半月になり、来年の4月が近地点新月です。

大きく分けて一年に4パターン月の状態があります、近い新月と 遠い満月、近い上弦の半月と遠い下弦の半月、近い満月と遠い新月、近い下弦の半月と遠い上弦の半月の4つです。

今は近い満月と遠い新月の軌道の中にいます。

次のスーパームーンは2016年の11月14日ですd381df08-197e-40d2-a2e7-e6c2f599aa35

 - 月の遠近について